Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C255] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2007-02-07
  • 投稿者 :
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://gaseousform.blog61.fc2.com/tb.php/480-46ec9f64
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

素直クール

エレベーター

 二人はデパートに食事をしにきていた。
 レストラン街はデパートの最上階、二人はエレベーターを待つ。
 到着したエレベーターにはすでに大勢の人が乗っていた。
 男についで女が入ろうとするとブザーが鳴った。
「満員ですね。私は階段で行きます」
 そう言って女はエレベーターから降りる。それを見て慌てた様子で男も降りる。
「置いて行くなって」
 振り向いた女は少し眉をひそめながら男に質問する。
「男さんは乗れたのに、何故降りたのですか? 私は歩いて行くといったじゃないですか」
「何故って、一人で先に行ってもしょうがないだろ」
 しょうがない、その一言を聞き女は何事か考え出す。
「しょうがない……どうしようもない……男さんが降りた事には何か理由がある……」
「いや、そんなに考え込まなくても。ただ俺は御前と一緒に居たかっただけで」
 男の言葉に、女は全てに合点がいったような表情を見せる。
「つまり、男さんの愛情表現だったという事ですね」
「いや、愛情表現とかそんな大袈裟なもんじゃないけど」
「気付きませんでした。という事は、今までも何度となく男さんからの愛情表現を見落としているのかもしれませんね。気をつけます」
「もういいから! 早く行こう!」
 そういって男は女の手を繋ぎ、周りの視線から逃げるようにして歩き出す。
「これも、愛情表現ですか?」

1件のコメント

[C255] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2007-02-07
  • 投稿者 :
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://gaseousform.blog61.fc2.com/tb.php/480-46ec9f64
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

南雲ませ

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。