Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://gaseousform.blog61.fc2.com/tb.php/524-ef85c319
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

お題

「それだけか……」

 オレンジ色の日が周囲を照らし獣の臭いが蔓延する中、顔をうつむかせ女は呟いた。その表情から読み取れるのは失意と自嘲。唇の端を噛み存在しない石ころを蹴飛ばすそぶりを見せる。

「今日一日の収穫は服にこびりついた動物の臭いと足の疲れだけだな。汗もかいた、早く風呂に入らないとな」

 汗で顔にはりついた長い髪を背中側へと落とす。隣に立つ男は視線を下げて女の顔を見やり、落ち着いた様子でうなずいた。日中から一点で立ち尽くしていたにも関わらず二人に疲労の色は無い。女は足元に置いたリュックサックを持ち上げ肩にかけ、男を先導するように歩き出す。

「しかし、思ったよりカバのアクビは迫力なかったな」
「そうだね……あ!」
「どうした!?」
「今凄いアクビしてたよ」
「なんだと! くそ、明日も来るぞ!」
「明日は講義あるよね。出席八割必須だったはずだし、先週も休んだよね」
「くー! 次だ、次の休みこそ見てやるぞ!」



お題・動物園
シチュ・「それだけか」とツンデレな男が言う

シチュに沿ってないですが気にせずに素直シュール分をぶちこむ。

 

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://gaseousform.blog61.fc2.com/tb.php/524-ef85c319
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

南雲ませ

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。