Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://gaseousform.blog61.fc2.com/tb.php/643-5b4dbd00
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

コピペ

361 名無しさん@ピンキー sage 2007/10/02(火) 12:31:31 ID:stXOMRdx
よくファーストキスがどうたらって言うけどさ
大体誰でも、小さい頃に親と一度はキスしてるもんなんだよね。
皆結構忘れてるんだけどさ。
俺? 俺はよく覚えてるよ、逆に。
今思うと気色悪いよな、にんまり笑って母親とキスなんてさ。
本当、思い出すと吐き気がするよ。
だから俺はさ、自分の娘に本当のファーストキスをプレゼントしてやりたいから
自分から娘にキスしてやる事は、絶対にしなかった。
娘も小さい頃はよくキスをせがんできたけど、ほっぺたにしてあげるだけだった。
それが、娘を将来後悔させないための、父親としての責任だと思ったから。
小さい頃は「パパがチュウしてくれない」って泣いてた娘も
大きくなったら、その事をむしろ喜んでくれると思ってたのさ。
部活のキャプテンでも、クラスのイケメンでも良い。
いつか良い男を見つけて、一番大好きな人とファーストキスを交わす。
そんな時がきたら、きっと父親とキスしなかった事を、
娘は喜んでくれるだろう、そう思ってたのさ。

「……言いたい事はそれだけ? 私バイトがあるから、もう行くよ」
娘はいつの間にか、冷たくなっていた。
まぁどんな娘でも、いつかは父親に懐かなくなるものさ。
そう覚悟はしていたつもりだったけど、いざ直面すると、何ともやるせないねぇ。
俺はさ、俺なりに精一杯、娘に愛情を注いできたつもりだったんだけど。
「愛情? 何ソレきしょっ。もう、そんな下らない話しに付き合わせないでよ」
グレたってわけじゃ、ないと思う。今時の子は、みんなこんなもんさ。
そう自分に言い聞かせるけど、それでもつい小さい頃の、可愛かった娘を思い出すのさ。
野原を元気に駆け回って、汗だくで俺の足に抱きついてくる娘。
いつかは子どもは一人立ちするもんだって、わかってたけど。
もうあの日々は帰ってこないんだなぁ。

「……言っとくけど、私がお父さんに冷たくなったのは、お父さんのせいだからね」
だしぬけに、娘がそう言った。
青天の霹靂だ。一体俺が、何をしたと言うんだろうか?
「何をしたから、じゃないわよ。何もしてくれなかったから、こうなったんじゃない」
よくわからない。俺が一体、何をしなかったと言うんだ?
授業参観にも行ってやった事あるし、運動会だって。
遊園地に連れて行ったりしたし、クラスメートの男子から家に電話がかかってきても
世間の父親みたいに拗ねたりして、お前を困らせた事は無い筈だろう?
俺が娘に、してやらなかった事柄なんて……。
「……本当、馬鹿なんだから。一番大事な事、一度もしてくれなかったじゃない。
 あんなんでよく、私の事愛してるなんて言えるわね」
「えっと、まさか……」
「まさか、じゃないわよ。母さんも普段言ってるけど、鈍感ねぇ。
 構わなかったのよ、ファーストキスがどうとかなんて。
 そりゃ、多少後悔はしたかもしれないけど、父親の愛情が確信出来ずに
 大きくなるよりは、よっぽどマシだったわよ」
「百合子……」
「何顔赤くしてんのよ、気持ち悪いなぁ。
 ……もうバイト行ってくるから。帰って来た時、どうしたら良いかぐらい、わかるよね?」
「なぁ、おい……」
「うるさいっ! 聞き返すの禁止! じゃ、行ってきまーす!」

本当、馬鹿だったなぁ。俺は。
十六年間してやらなかった事を、今更してやるべきだと気付かされるなんてな。

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://gaseousform.blog61.fc2.com/tb.php/643-5b4dbd00
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

南雲ませ

最近の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。